NPO法人会津みしま自然エネルギー研究会

 NPO法人会津みしま自然エネルギー研究会(Aizu Mishima Renewable Energy)は、奥会津三島町を中心とした有志の集まりであり、自然エネルギーの専門家ではありません。しかし、それぞれの得意分野を生かし地域に根ざした活動をしています。

   ブログ最新情報

2020年

10月

12日

ロケットストーブ実演・製作会

身近な資材で作れるロケットストーブの実演製作会を開催いたします。

 

ロケットストーブは、シンプルな構造ですが、燃焼効率が良く少ない燃料で

やかんのお湯や調理ができます。使い方も簡単で、煙も出にくいストーブです。

庭先でBBQも良いけれど、ロケットストーブで飯ごうでご飯を炊いて、芋煮も最高です。

 

*日 時:10月25日(日)10時から15時

*場 所:道の駅 尾瀬街道みしま宿 (国道252号沿い)

     

*参加見学無料 完成品一台7,000円

*会場にて製作を希望される方は、なるべく10時または13時までにご参集ください。

*お持ちの方は、革手袋・金切り鋏をご用意ください。

 

過去のロケットストーブイベント

2020年

9月

24日

大志発電所跡探訪記

金山町大志地区にはかつて、水力発電所がありました。

その痕跡を、研究会メンバーで探しに行きました。

 

地元金山町の星さんにお願いし、水源からは発電所跡地まで案内していただきました。

水源にある木冷堰は300年以上前に住民の強い想いで開発が始まり1820年に隧道工事が始まりました。

この木冷堰について元NPOメンバーの加藤紘一さんが歴史書を自費出版致しました。

イラスト入りでとても読みやすく、地域の歴史を学ぶには最適な書籍です。

[史実と創作セミドキュメンタリー]作・画 惣山太郎

・・この水を求めて・・掘り抜き堰水路の開削(A4判・108ページ・税込み定価1,500円)

 

発電所:大正15年(昭和元年)に御蔵入電気株式会社が開業、発電量50kw

続きを読む

団体の紹介映像